記事詳細

【榊淳司 マンション業界の秘密】「羽田進入路」変更で動揺する城南エリア 高層住宅では騒音激しく (1/2ページ)

 国土交通省は羽田空港(東京都大田区)の国際線を増便するための2つの新しい進入ルートを、2020年3月29日から運用を始めると正式に発表した。

 これによって国際線の発着は年間3万9000回も増えるそうだ。ただ、この新しい進入ルートは、これまで民間機の空路がほとんど設定されていなかった都心の上空を活用することになる。

 具体的に言うと、西側ルートは山手線の渋谷、恵比寿、目黒、五反田各駅のほぼ上空を通過した後、京浜東北線大井町駅の真上を飛ぶ。東側ルートは西新宿、さらに品川駅のやや北側と天王洲の上空を通過する。

 新しい進入ルートの近辺では、今までになかった騒音に見舞われるのは確実だ。

 例えば、大井町駅前だと通過時の高度は約300メートル。機影は手が届きそうなほど近くに感じるに違いない。

 想定される騒音は平均で61デシベル、瞬間最大値は77デシベル。品川駅前だと高度は450メートルで、騒音は平均65デシベル、瞬間最大値は86デシベルになる。

 70デシベルになると、屋外での通常の会話が困難になる。80デシベルはパチンコ店内と同レベルとされる。

 ただ、この新しい2つのルートで上空を航空機が通過するのは「南風時の15時から19時」とされる。切り替え時間を含むので、実質的には3時間程度と国交省資料では説明されている。それでも日常生活の中に入り込んでくることは確かだ。

関連ニュース