記事詳細

GSOMIA破棄は韓国経済にも大打撃 常識外れの決定に金融市場動揺、ウォン急落

 まさかそこまでは、という常識外れの所業をやってしまう韓国の文政権に、金融市場も懸念を隠さない。GSOMIA破棄決定直後から外国為替市場では通貨ウォンが急落した。国内外ともにウォンを買う材料に乏しく、さらに下落が進む可能性もある。低迷する韓国経済にとってさらなる打撃となりそうだ。

 23日朝方、ウォン相場は1ドル=1211ウォン近辺で取引された。韓国総合株価指数(KOSPI)も下落して取引が始まった。

 激しいウォン安は今週に入ってやや落ち着き、22日も1ドル=1200ウォン近辺で推移していた。ところが韓国大統領府がGSOMIA破棄の決定を発表した午後6時半過ぎに1ドル=1211ウォンまでウォン安が進んだ。市場では、GSOMIA延長との予想が大勢だったといい、狼狽(ろうばい)売りが出たもようだ。

 日本との関係が決定的に悪化するのは確実で、「日韓通貨スワップ協定」の再開などあり得ない状況だ。日本が求める輸出管理の強化に韓国側が対応する気がないことも明らかになり、優遇措置を受ける「グループA(ホワイト国から改称)」への復帰も極めて困難になった。

 GSOMIA破棄はトランプ米政権も怒らせていることも、投資家にとっては不安材料となる。ウォン安で韓国への投資を引き揚げる動きが強まり、一段とウォン安が進むという負のスパイラルも予想される。文政権が続く限り韓国経済の浮上は望めそうもない。

関連ニュース