記事詳細

対韓フッ化水素輸出、83%減 サムスンなど打撃か

 財務省が29日に発表した7月の品目別の貿易統計によると、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」の韓国向け輸出量は479トンで前月比83・7%減少した。輸出額は32・6%減の4億円だった。日本政府が7月4日からフッ化水素を含む3品目の韓国向けの輸出管理を強化したことが響いたとみられる。

 輸出管理が強化された他の2品目は、スマートフォンの有機ELディスプレーに用いる「フッ化ポリイミド」と、半導体の基板に塗る感光剤の「レジスト」だが、いずれも他の品目と同じ分類にまとめられているため、輸出量や金額は把握できない。

 3品目は日本企業の世界シェアが高い。輸出量の激減で韓国半導体大手のサムスン電子などが打撃を受けそうだ。日本政府は7月4日から個別の取引ごとに審査し輸出の可否を判断している。