記事詳細

【ネット騒然銘柄】「血祭りの次はお祭り」!? 3日連続のストップ安からストップ高「シェアリングテクノロジー」

 8月14日以降、株価が激流のような動きをしているシェアリングテクノロジー(3989)。日常生活のトラブル解決を目的とした、ユーザーと業者をマッチングするサービスを提供する会社だ。昨年は成長性が買われて株価が3倍超に化けていたが、今期は四半期ごとに赤字が積み重なっていく状況が続き、株価は急落。さらに、第3四半期決算を発表後の15日以降、3日連続のストップ安となっていた。

 ところが、20日は一転してストップ高となり、出来高も激増。ネットトレーダーたちは「血祭りの次はお祭りだわ」「昨日大底で売ったやつ笑」などと大騒ぎしている。閑散相場の中、こうした派手な動きの銘柄は余計に目立つに違いない。

 スマホゲーム開発のKLab(3656)。新作スマホゲームの公式ツイッターアカウントが設定されたことを受けて、19、20日と株価が連騰した。今月8日に発表した中間決算では前年同期比で大幅な減益となっており、第3四半期の数字次第では底打ちから反発に向かっている株価にも急ブレーキがかかることになりそうだ。(新井奈央)

 【2019年8月22日発行紙面から】

関連ニュース