記事詳細

日本人が「管理職になりたくない」ワケ アジア太平洋地域で最下位…「スキルアップ」意欲も低く (1/2ページ)

 日本は大丈夫か。「管理職になりたい」という人の割合は日本がアジア太平洋の14カ国・地域で最下位-。こんなデータがシンクタンクの調査で出てきた。自己研鑽(けんさん)への意欲も低く、さらには労働時間まで短いというのだが、「日本人=勤勉、まじめ」という定説は幻想だったのか。

 パーソル総合研究所が日本を含めたアジア太平洋地域(APAC)14の国・地域で20~69歳の働く男女を対象に就業実態や仕事に対する意識の調査を行った。

 それによると、非管理職の中で「管理職になりたい」と思っている人の割合は日本は21・4%と最下位だった。インドやベトナム、フィリピンでは8割以上が管理職になりたいと希望しているのと比べると、圧倒的に低い比率だ。

 なぜ日本は管理職になりたい人が少ないのか。同研究所の櫻井功副社長は、「管理職は責任の裏側に権利があるものだが、日本の場合、責任ばかりが大きくなってしまっている現状がある。欧米であれば経費や採用の決定権があり、経営の勉強にもなるもの。日本にはそれがないため、若い人を中心に管理職への魅力を感じていないのだろう」と分析する。

 調査では、自己研鑽への意欲も低いという日本の実態も浮き彫りになった。勤務時間外の学習や自己啓発を「とくに何も行っていない」という人が46・3%と、突出して高い割合になっている。

関連ニュース