記事詳細

【売れないモノを売る極意】これこそ日本人の表現方法! 規制だらけの大イベントを盛り上げる秘策 (1/2ページ)

 9月に入り「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が迫ってきました。日本では初の開催で、試合会場が地方を中心に国内12カ所に散らばっていることを考えると、特に開催地は盛り上がりそうです。ラグビーW杯2019組織委員会も、経済波及効果を4300億円と試算しています。

 ただその割には、まだあまり活気が感じられません。不思議に思って開催地に聞いてみたところ「当初は大きくPRして盛り上げたかったけど、壁にぶつかってねぇ」と煮え切らない答えが返ってきました。壁とは、スポンサーでない限り「ラグビーW杯2019を応援します」などと安易に大会名称を使えないワールドワイドな掟のこと。よって、わかりやすい看板やPRグッズが製作できず、どう盛り上げたらいいのかわからない、というのが実情のようです。

 ましてや知的財産の厳守は地方自治体の重要なミッション。盛り上げるよりも、監視の方に意識が向いてしまいます。会場のひとつ「花園ラグビー場」を有する大阪府東大阪市の公式サイトにも「ラグビーW杯2019に関連する商標、名称、用語、その他の表示は、ラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)が保有する知的財産であり(中略) 開催都市マークや『ラグビーワールドカップ2019』等の大会関連テキストの使用は禁止されています!」と最後に「!」まで入れる念の入れようです。

関連ニュース