記事詳細

【今日から始める10万円株】ラグビーW杯や五輪など追い風、スポーツ産業拡大の恩恵を受ける3銘柄 (1/2ページ)

 間もなく始まるラグビーワールドカップ、開幕まで1年を切った東京五輪、さらに2021年に関西で行われるワールドマスターズゲームなど、今後3年間にわたって日本では国際的なスポーツイベントがめじろ押しだ。

 最近では、女子ゴルフの渋野日向子選手や男子バスケットボールの八村塁選手など、世界の舞台で活躍する日本人選手の台頭が目立っている。これらを追い風に日本のスポーツ産業の市場規模は大きく拡大しそうだ。

 そんななか、政府では2025年までにスポーツ産業の市場規模を15兆2000億円にまで拡大する目標を掲げている。15年時点の市場規模は5兆5000億円と試算されている。

 今週の10万円は、これらのビッグウエーブに乗れそうなスポーツ関連銘柄を紹介していこう。

 まずは、ジャスダックの「SDエンターテイメント」(4650)。同社はフィットネス事業と保育園事業を手掛けるRIZAPグループの会社。空前のフィットネスブームに乗って今期は業績を大きく伸ばしそうだ。株価(2日)は417円、チャート的には横ばいが続いているが、時折急騰するクセがあるため、押し目を拾って吹いたところを確実に利食いたい。

関連ニュース