記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】教員分野のソフト開発で「システムディ」熱視線 中間期は増額済み、年7円の配当権利取りも (1/2ページ)

 8月の中旬に当コーナーで紹介したリノベーション住宅の流通プラットフォーム「カウカモ」事業を展開するマザーズ銘柄「ツクルバ」が、集計中の2019年7月期業績を上方修正しました。

 会社側によると「カウカモ会員数の増加およびエージェントの育成による成約率の向上が、仲介取引の大幅な増加に大きく寄与した」としています。

 売上高は当初発表から1800万円強の上乗せとしたほか、営業利益は前回予想の5100万円強の約3・7倍に当たる1940万円強に引き上げました。前の期の18年7月期は4億8500万円強の赤字だったことを考えると劇的な収益向上といえるでしょう。

 13日には本決算を発表予定で、同時に示される予定の今20年7月期業績見込みへの期待が膨らんできました。新興市場全体は、まだ不安定な相場環境となっていますが、個別の好業績銘柄は着実に買われて上値指向を強めています。

 敬老の日による3連休明け17日に、今10月期第3四半期(11-7月)決算発表を予定するジャスダックの「システムディ」(3804)も、業績好調のトップランナーグループに属している銘柄です。

 システムディは特定業種向けのアプリケーションパッケージの開発・販売に特化した京都のIT企業です。特定の全6事業は「学園」「エンジニアリング」「公教育」「ウェルネス」「薬局」「公会計」で、「学園」は大学、専門学校、私立中・高校向け、「ウェルネス」はフィットネス等の会員制スポーツ施設、「公会計」は地方公共団体などを得意先としています。

関連ニュース