記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】ストレスチェック「高ストレス」は人事評価に影響する? (2/2ページ)

 相談者には、今後、生き生きと働き続けられるよう、ストレスチェックには正直に回答してほしいです。プライバシー保護について会社に言いにくいようでしたら、職場の労働組合を通じて確認してはどうでしょうか。

 ストレスチェックは、労働者数50人以上の事業場(店舗、支店などの単位)に年1回の実施が義務づけられ、50人未満の場合は努力義務です。厚労省の2018年労働安全衛生調査によると、50人以上事業場での実施率は約8割、50人未満を含めると4割弱にとどまっています。さらなる普及・定着が求められます。

 「連合なんでも労働相談ダイヤル」(フリーダイヤル0120・154・052)では、労働問題のほか、労働組合つくり・加入に関する相談についても対応しています。労働のことで困ったことがあったら、お気軽にお電話ください。(連合企画局・小林司)

 サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

関連ニュース