記事詳細

普及する? スマホ決済アプリ「インストールしたが使っていない」が約6割 最もインストールされているアプリも明らかに (1/2ページ)

 10月の消費増税後、政府はキャッシュレスポイント還元事業(キャッシュレス消費者還元事業)を実施する。対象店舗でキャッシュレス決済をすると、決済額の2%か5%のポイント還元を受けられる制度だ。群雄割拠の時代を迎えているスマートフォン決済も対象となる。各社はキャッシュバックなどあらゆる施策を使い、ユーザーの新規開拓や囲い込みを進めている。その一方で、アプリをインストールしたが、その後に利用していない人も多く出ているようだ。マーケティングリサーチのMMDLabo(東京都港区)が運営するMMD研究所が9月19日に発表した「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」で、スマホ決済の実情が明らかになった。

 ◆まだまだ強い「現金」

 調査は2019年8月9~18日の期間に、18~69歳の男女3万7040人を対象に行われた。「あなたの普段の支払い方法をすべて教えてください」(複数回答式)という設問では、「現金」が90.5%で首位。2位は「クレジットカード」で71.3%だった。スマホ決済(非接触・タッチ式・QRコード決済など)は4位の16.4%。各社がこぞってユーザーの開拓に勤しむ一方で、十分に普及しているとはいえない状況だ。

やっぱり人気の「現金」(出典:MMD研究所) やっぱり人気の「現金」(出典:MMD研究所)

 最も利用したい、利用してみたい支払い方法を問う質問でも、首位は「現金」の39.4%。2位も同様にクレジットカードで、僅差の37.4%だった。スマホ決済は、「普段の支払い方法」で3位だった「カード型の電子マネー」を上回り、3位となった(10.6%)。

 スマホ決済のうち、最も多くインストールされているのは「PayPay」で9942人だった。2位は「LINE Pay」で9027人、3位は「d払い」で8297人だった。一方、スマホ決済アプリをインストールしている人のうち、全体の46.8%が「アプリインストールしたが利用していない」と回答。「会員登録したが利用していない」「銀行口座やクレジットカードを連携したが利用していない」を加えると全体の62.8%となり、およそ6割の人が利用までこぎつけていないことが分かった。

約6割が「インストールしたのに使っていない」(出典:MMD研究所) 約6割が「インストールしたのに使っていない」(出典:MMD研究所) ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース