記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】会社で培った「知識」や「経験」を生かす 「コンサルタント業」を選ぶシニア層が突出

 定年起業を目指す理由は人それぞれだろう。シニア起業家に聞くと「自由」を挙げる人も多い。中小事業者向けにクラウド会計ソフトを提供するfreee(フリー)株式会社は9月「起業に関するアンケート」の分析結果を発表した。起業に関心のある層に向けて「なぜ起業しようと思いましたか?」という問いが投げられているが、全世代において「自由に仕事がしたかった」(46・0%)という回答が1番多く、2番目が「収入を増やしたかった」(34・5%)と続く。シニア層(50~69歳)では他世代に比べ「退職後年金以外の収入も得たいから」(23・7%)「年齢や性別に関係なく仕事がしたかったから」(21・7%)という回答が目立つ。また、「これまで会社員生活で培ってきた知識・ノウハウを生かしたかった」(16・7%)という回答も目を引く。長く会社に勤めてきた人ならではの思いだろう。その思いは「どんな職種で起業したいのか?」という問いに対する答えにも滲み出ている。50~69歳の層では「コンサルタント業」(13・7%)と「小売業」(13・7%)が同率でトップに並ぶ。小売業は世代を問わず選ばれている職種だが、コンサルタント業を選ぶのはシニア層が突出している。これまで7千人を超える方々からの起業相談を受けてきた片桐実央さん(銀座セカンドライフ代表取締役)は、「シニア世代の起業希望者には、今まで勤めてきた会社で培った知識や経験、技術や人脈などを生かす起業をおすすめしています。結果、コンサルタント業を選ぶ方が多くなっていますね」と話す。コンサルタント業は初期投資額が少ない分野の1つだ。夢を追いかけて未経験の分野で起業するのもいいが、リスクは高くなる。せっかく長く勤めてきた会社。そこで得てきたものを生かす起業が望ましい。(取材・構成 藤木俊明)

 ■夕刊フジ経由で入会→レンタル料1カ月分無料

 【夕刊フジ定年起業応援サロン】

 銀座セカンドライフのレンタルオフィス「銀座アントレサロン5号店」(中央区築地4の7の3 築地ファーストビル6階)内に開設。本店登記や郵便・電話対応、OA機器の利用が可能で、会員は首都圏13カ所の他のサロンも自由に利用できる。夕刊フジ経由で入会すると、フリーデスクプラン(月額9505円)が1カ月無料。問い合わせはkigyo@fujinews.comまたは銀座セカンドライフ0120・08・4105。

 【銀座セカンドライフ】定年前後の起業サポートのほか、セミナー・交流会の開催、レンタルオフィスの運営も行う。片桐実央代表は起業コンサルタント、行政書士、FPとしてテレビ出演も多い。近著は『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)。

関連ニュース