記事詳細

【夕刊フジ×キイストン 飲食FCで第二の人生】お客さまとの会話でサンドイッチが生まれる“醍醐味” サブウェイ(日本サブウェイ) (2/2ページ)

 先にも触れたがサブウェイのサンドイッチは、基本形をベースに好みによってカスタマイズできることで、その組み合わせの数は幾何級数的に広がることが他にはない最大の魅力だ。と同時に「自分好みに選ぶ→食べる」という行為がお客さまの楽しみにもなっている。

 「お店で提供するサンドイッチは一人一人に合わせた『Only One』のサンドイッチです。カスタマイズするということは、お客さまの要望をお聞きしながらお作りするということ。お客さまとのコミュニケーションが生まれることもサブウェイの醍醐味(だいごみ)であり、創業当時は他にはない新しいスタイルでした。今ではアメリカのフード・ビジネスではスタンダードなスタイルになってきているんですよ」と角田氏。

 次回(15日)は、同社のFC加盟の方法や最近の具体的な取り組みなどについて説明する。

(取材・土金哲夫)

 ■FC事業への加盟を検討するため、事業内容や契約条件などをより詳しく知りたい方は、記載のQRコードからお問い合わせフォームご記入の上ご連絡をいただければ、キイストンの専任スタッフが個別にお応えします。

 ■同社では「サブウェイ」開業に関する質問や問い合わせなどについて、専用のサイトを(https://www.subway.co.jp/company/franchise/)を設けている。

関連ニュース