記事詳細

【トップ直撃】飲食店業界に革命! 来店10分前でも予約できる「超直前予約アプリ」を展開 トレタ・中村仁代表取締役 (1/4ページ)

 忘年会シーズンに向けて知っておいて損はない会社とアプリだ。飲食店向けの予約・顧客台帳をデジタル化するサービスを手がける企業が、一般ユーザー向けに来店10分前でも店を予約できる超直前予約アプリ「トレタnow(ナウ)」を展開している。家電業界から広告代理店、飲食店経営を経て起業したトップは、飲食店業界の予約システムに革命を起こそうとしている。(中田達也)

 ■店と客、双方にメリット「トレタnow」 無断キャンセルも問題なく集客

 --飲食店向けサービスの「トレタ」にはどんな機能がありますか

 「飲食店さんが紙に書いていた来店予約の情報をデジタルに置き換えるということです。タブレット端末の入力も、銀行のATM(現金自動預払機)のように誰が使っても間違えず、使う時間も短く済むというのも強みですね」

 --顧客獲得にも効果があるとか

 「飲食店ではお客さんの中にリピーターが何割ぐらいいるかが、繁盛するかどうかに直結しています。4、5回ぐらい店に来ていただくと、かなりの常連といえますが、われわれのデータでは、予備軍といえる2回目のお客さんは10人に1人の確率です。でも飲食店は分業が進んでいるので、2回目のお客さんを把握しづらく、せっかくリピートしてくれた人を新規のように扱って取りこぼすことになりかねません」

 --トレタを使うと

 「店長の頭の中にしかなかった顧客に関する情報をクラウドに置くことで、スタッフで共有することができます。来店回数や前回食べたもの、嫌いな食材などがデータで検証できるようになると、お店としても打つ手が分かってきます。そうなると接客の質も上がりますね」

関連ニュース