記事詳細

【家電の世界】瞬時に誰でも簡単に使える! 東芝・衣類スチーマー「TAS-X5」「TAS-V5」 (1/2ページ)

 アイロン市場が大きく変化している。東芝ホームテクノの調べによると、従来型のアイロンは年々縮小しており、2019年には市場全体の54%と半分程度になる。これに代わって伸長しているのが衣類スチーマーだ。14年には12%の構成比だったが、19年には40%に拡大すると見込まれている。

 「アイロン掛けは準備が面倒であったり、片付けの手間があるが、衣類スチーマーは簡単に使える。イージーケアの衣類が増加していることも需要拡大につながっている」と東芝ホームテクノは分析する。

 同社はこうした新たな需要に対応するために、衣類スチーマー「La・Coo S(ラクーエス)」の新製品として、コードレスタイプの「TAS-X5」と、コード付きタイプの「TAS-V5」を発売。「すぐに、誰でも、簡単に使える衣類スチーマー」と位置付ける。

 「TAS-X5」は「少ない量を手軽に毎日ササッと仕上げたい」という、忙しい共働き世帯、就活生、少人数世帯に最適な製品だ。かけ面には、ハンガーに掛けた状態の衣類にスチームを当てて使うときも、アイロンとして使うときも、衣類の表面を軽く動かせて、すべりがいいニッケルコートを採用。スチーム孔の数を14個に増やし、前後左右に伸びるスチームラインに沿って広い範囲にスチームを行き渡らせる。

 スチームレバーと連動した同社独自のバルブ機構によって、使用中の電源供給がなくても、スチームを連続して出すことができるほか、スタンドに置くだけで本体の自重で電源プラグに接続して給電が行える。本体に電源プラグをロックすれば、途中給電せずに連続して使うことも可能だ。「ジャケットなどのシワや、臭いのケアに時間がかかる大物衣類にも適している」と同社。

関連ニュース