記事詳細

「ロッキーvsハスラー」の異種格闘も 大混戦のミニSUV市場 (4/4ページ)

 このように、長距離ドライブではいろいろ欠点も見えたロッキーだが、このクラスで冒険的な旅をしようという顧客は少数派であろう。シティライドがメインであれば十分以上に良いクルマだ。前後のデザインと装備を違えたトヨタ版「ライズ」ともども、市場で人気を獲得するであろうという手応えはあった。

 だが、流行のSUVのど真ん中を行くモデルといっても、そう安閑とはしていられない。トレンド商品には必ず対抗馬が出現するものだ。クラス、価格帯的にロッキーの直接のライバルとなりそうなのは現状、スズキの小型SUV「クロスビー」くらいのものだが、今後の成り行きが気になるのはむしろ、異種格闘となるスズキの軽SUV、次期「ハスラー」。

 ハスラーは2014年に発売された軽クロスオーバーSUV。発売前はスズキ関係者も「売れますかねえ」などと半信半疑だったのだが、いざ発売したところ、一時はスズキのメインストリームを張るほどのヒット商品となった。その第2世代モデルになるとみられる「ハスラーコンセプト」が今年の東京モーターショーのスズキブースに登場した。

 スズキはあくまでコンセプトとしていたが、会場では一般来場客が自由にアクセスすることができた。じかにさわることができるモデルは、ほとんどそのまま市販車となるのが通例であることから、展示モデルは量産試作車で、ほぼ完成形であるものと推察された。

 そのハスラーコンセプトだが、初代のスタイリングは丸目を基調としたファニーフェイスだったが、第2世代は一転、武骨な直線基調に。ボディ全体を見ても、ピラーの立ち具合を強調したスクエア型。風合いは違うものの、ゴツさを前面に出しているという点は、ロッキーと同じである。

 折しもスズキは昨年、軽オフロード4×4の「ジムニー」、およびそのワイドトレッド型の普通車「ジムニーシエラ」を発売。余計な飾りのない角型ボディが大好評を博した。ハスラーコンセプトはそれよりはやや柔和だが、初代に比べると格段にハードなスタイル。おそらくこれも大いに人気を獲得するのは確実な情勢だ。

 軽と普通車はクラス違いだが、イメージ商品であるクロスオーバーSUVではしばしば異種格闘が発生する。普通車のクロスビーがいまひとつ元気がないだけに、スズキはハスラーで防衛にかかってくる可能性が高く、かなりのデッドヒートとなろう。

 スズキばかりでなく、日産もミニカープラットフォームで作る低コストSUV「キックス」を来年日本市場に投入する見通し。商品ラインナップが充実するミニSUV市場のゆくえがどうなるか、大いに見ものである。

NEWSポストセブン

関連ニュース