記事詳細

【バフェットの次を行く投資術】ロボット化に必要不可欠な技術持つ「ハーモニック・ドライブ・システムズ」に期待! (1/2ページ)

 「一強多弱」がますます進む世の中で、「勝ち残る多弱」の企業とはどのようなものだろうか。多弱の生き残り戦術には数え切れないほどの多様性があるが、その一つに「独自の製造技術」があげられるのは間違いないだろう。

 しかし、いくら優れた技術でも産業界や社会のニーズがなければビジネスとしての発展は望めない。その点、ハーモニック・ドライブ・システムズ(HDS、6324)が主力とする「精密制御減速装置」は、これからのロボット化・電動化の流れの中で必要不可欠な技術であり、将来が大いに期待できる。

 例えば、かかしのような木や竹の棒を組み合わせた人形を考えてみよう。この人形に針金を取り付けて動かしてもぎこちない動きにしかならない。それは針金で手足を動かしても、その動きを減速する装置がないからである。

 読者の右手を空中にあげ動かしてみてほしい。上下左右に精密に動かせるはずである。なぜ、そのようなことができるのかといえば、人間の手足は、かかしの針金のように力を加える仕組みだけではなく、筋肉など(の減速装置)でその力を加減するシステムが内蔵されているからである。

関連ニュース