記事詳細

東証、今年最高値を更新 世界経済の不安和らぐ

 17日の東京株式市場は、世界経済の先行き不安が和らいで買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比113円77銭高の2万4066円12銭で、今年最高値を更新し約1年2カ月ぶりの高水準になった。

 東証株価指数(TOPIX)も10・33ポイント高の1747・20で今年来高値を更新した。出来高は約12億8900万株。

 米中貿易協議の「第1段階」合意や、英下院総選挙で欧州連合(EU)からの離脱を目指す与党保守党の勝利で、景気減速への警戒感が和らいだ。朝方は前日の欧米市場の値上がりと円安進行を背景に買いが先行し、平均株価は一時2万4100円に迫った。

 その後は新規の売買材料に乏しく、利益確定の売りも出て高値圏で小幅な値動きが続いた。米中貿易協議で米国が主張する「第2段階」に向けた動向を見守りたいとして、積極的な取引は手控えられた。