記事詳細

東京五輪前後でビールのヒット商品と業界勢力図は激変する! (3/4ページ)

 たとえば、サッポロビールが来年2月4日に発売する「ゴールドスター」。12月4日には早々に発表会を行ったが、同商品は「黒ラベル」で使用している麦芽と「ヱビス」で使用しているホップを採用した戦略商品である。

 第3のビール市場はアサヒビール、キリン、サントリーの三つ巴状態で、サッポロは大きく離されているが、既存の「麦とホップ」に加え、「ゴールドスター」で一気に割って入りたいということだろう。

 一方、減税となるビールは10月以降、徐々に販売が上向く可能性はあるが、来年はまだ前哨戦だ。その中で、東京五輪のゴールドスポンサーになっているアサヒは、五輪の開催期間が半月余りで短いとはいえ、ここ数年販売が落ちている「スーパードライ」の底上げに挑み、どこまで挽回できるかも焦点になる。

 もう1つは、「淡麗」擁するキリンの一強状態にある発泡酒。発泡酒は、2026年まではずっと現状維持の税率だからだ。第3のビールは、増税によって市場規模が10%ダウンするとも目されているが、現在の趨勢を見ると、その凹み分が流れるのは、発泡酒よりも、やはり2026年まで税率が据え置かれる(350mlで28円)、缶チューハイなどのRTD(レディ・トゥ・ドリンク)と呼ばれるジャンルになる公算が大。

 RTDは縮小が止まらないビール市場と反比例するように伸びてきており、ハイボール缶などに続いてレモンサワーも大きなトレンドになってきている。

 加えて言えば、消費増税では軽減税率の対象で、酒税改正とも無関係のノンアルコールビールは、健康志向の高まりを鑑みても、まだまだ伸びしろがあると各メーカーはソロバンを弾く。

NEWSポストセブン

関連ニュース