記事詳細

【ネット騒然銘柄】利益希薄化懸念解消で「オンコセラピー」暴騰

 17日はバイオベンチャーのオンコセラピー・サイエンス(4564)にネットトレーダーたちのコメントが集中した。

 同社は16、17日と立て続けに新株予約権が大量行使されたことを発表し、株価が連日暴騰した。株情報サイトなどでは「将来の1株当たり利益の希薄化懸念の解消」が好感されたと解説している。

 もっとも、これはあくまでイナゴトレーダーたちの買いのきっかけに過ぎない。大手株系掲示板では「オワコンセラピーだからすぐ逃げないと」などの声もあり、徐々に買い派から売り派に主導権が移りつつあるようだ。

 輸送用パレット大手の日本パレットプール(4690)は、14日頃から株価が突如として急騰していたが、17日は前場から急落に転じた。

 2ちゃんねるの株板では「誰かパレット助けて」などホルダーの悲鳴が上がっている。何らかの筋が相場を仕掛けているなら、これで相場終了は短すぎる感もある。(新井奈央)

 【2020年1月21日発行紙面から】

関連ニュース