記事詳細

【ネット騒然銘柄】ガーゼなど衛生用材料の「川本産業」新型肺炎関連でストップ高!

 中国で流行している新型肺炎の関連株が軒並み買われる展開になっている。防護服関連としてアゼアス(3161)の株価が急騰したほか、24日はガーゼなど衛生用材料の川本産業(3604)や、抗菌スプレーのマナック(4364)などがストップ高。大手株系掲示板では、川本産業について「早くも神株オブザイヤー決定だな」「週明けもストップ高に張り付き決定だわ」など景気のいい書き込みが並ぶ。

 この相場がどれだけ続くかは中国政府の対応にもかかってくるだろう。どうやって感染拡大を押しとどめるのかは気になるところだ。

 クラウドシステムなどITサービスを展開するネットワンシステムズ(7518)。大手経済紙が「東芝子会社の架空取引に関与」と報じたことで株価が急落している。会社側は報道を完全には否定しておらず、やはり何らかの関わりがあったと捉えられても仕方ない。ただ、2ちゃんねるの株板をのぞくと反発狙いで買いのタイミングを見計らうトレーダーも少なからずいるようだ。(新井奈央)

 【2020年1月28日発行紙面から】

関連ニュース