記事詳細

【ネット騒然銘柄】買いも売りも「新型肺炎関連株」ばかり 防塵マスクを手掛ける「興研」は前日比マイナスに

 新型肺炎の関連株がマーケットを席巻しつつある。一部の業績上方修正銘柄を除くと、この1週間ほど、値上がり率ランキングの上位をほぼ新型肺炎の関連株が占めているのだ。

 ただ、28日はこれまで買われてきた関連株で売りに押される銘柄も散見される。防塵マスクを手掛ける興研(7963)の株価はは年初から2倍超に暴騰していたが、28日は高値を付けた後に前日比マイナスまで売られる展開に。大手株系掲示板では「いったん相場は終わりかな」「そろそろ逃げろ」など弱気に傾くトレーダーが増えてきている。

 強気の書き込みも依然多く、トレーダーたちの意見は真っ二つだ。家を出ない専業トレーダーなら感染のリスクは小さい。あくまで対岸の火事ということなのだろう。

 28日は、スマホゲーム「メダロット」の好調を材料に人気化していたイマジニア(4644)の株価も急落。ツイッター上では損切り報告が続出している。市場が再びリスクオンムードになるまで、当面は外出もトレードも控えたほうが無難かもしれない。(新井奈央)

 【2020年1月30日発行紙面から】

関連ニュース