記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】新型「#コロナウイルス」正しい知識は検索に検索を重ねて! ツイッターが注意喚起声明 (1/2ページ)

 ツイッターが新型コロナウイルス感染に関するつぶやきについての注意喚起声明を出した。1月30日時点で、過去4週間に1500万件以上のツイートがあって、事態状況次第でこのトレンドは継続するとみられているという。

 そんな中で、正しい情報を顕在化、信頼するに値する情報を重点的に表示するための取り組みだ。要するに、デマに踊らされないように注意を喚起するとともに、同社側でもできる限りの努力をするということだ。

 コロナウイルスについては「#コロナウイルス」というハッシュタグでさまざまな情報が発信されている。

 ハッシュタグというのは#に続くキーワードを差す。逆にいうと、検索機能を使って「#コロナウイルス」を検索すると、自分がフォローしているかどうかは関係なく、コロナウイルスに関するつぶやきを探し出すことができる。

 そこで、ツイッター社のAI(人工知能)によって、信頼できないコンテンツに誘導されてしまう可能性のあるキーワードは検索予測候補には表示されないようにコントロールされるという。AIの判断が必ずしも正確というわけではないが、根も葉もないようなデマについては目に入りにくくなり、誤った情報に踊らされる可能性は低くなるというわけだ。

関連ニュース