記事詳細

【ABS世代が「シニア」を変える】“真のオトナ”のブランド「C・L・U・B」構想! 「ドキドキ・ワクワク」享受できるエンターテインメントも (1/2ページ)

 先週の当欄では、私(鈴木)とABS研究会のワタナベカツアさんによるシンクタンク「ジェロン・イノベーション・センター」設立構想を披露しました。「食・健康・美」に関連する日本のリーディングカンパニーによる協業を前提にしたものですが、今回はこのシンクタンク発の、コラボレーションブランド「C・L・U・B」のアイデアを紹介します。

 「C・L・U・B」は「(C)クールで(L)ラグジュアリーな、(U)アップデートされたあなたが(B)生まれる」の頭文字をとったもので、カッコいいオトナに熟成される価値を提供するブランドです。

 健康長寿のエイジング学「ジェロントロジー」をベースに、協業する各企業の技術開発力と外部マーケターやクリエーターの力を生かしてコンセプトを構築。その考えを踏まえ、大人向けの服や靴、化粧品やサプリ、健康食品などの商品を段階的に市場に投入します。従来の中高年向け商品とは一線を画したモノづくりを目指します。

 こうしたモノを発売すると同時に、それらを顧客が実際に使って楽しむ「コト」の仕掛けも施します。スポーツジムをはじめとする健康関連企業が脳と細胞を活性化する大人の社交場「C・L・U・B」をオープンするのです。

 「C・L・U・B」では、入場者がおいしい料理やお酒を楽しみ、音楽を体感しながら他の入場者と交流します。同時に、前述の「C・L・U・B」ブランドのアンテナショップとして、国内外に情報を発信する機能も有します。

関連ニュース