記事詳細

【こんな時代のヒット力】インスタ女子も注目の「おしゃれなレインウエア」 ワークマン「R006透湿レインスーツ」 (2/2ページ)

 R006の開発は、14年、始まった。耐久性があり、価格にはまる生地探しに苦労したという。素材はポリウレタンにラミネート加工したポリエステル100%。長時間の作業に耐えられるよう、横方向に伸縮する生地でストレッチ性を高めた。その結果、体の動きに合わせ、突っ張り感などのストレスが感じにくい。

 発売後も、生地と生地の接着部分のテープを補強するなど、現場の声を受けて改良が続いた。何度も仕様を変えて細かい部分を修正、アップデートしてまた修正。落ち着くまで1年かかった。「ロングセラーを作り、アップデートしていく」(牧野氏)のが同社流。

 ヒットのきっかけは、「ワークマン初のおしゃれなレインウエア」(牧野氏)を打ち出したことだという。CMもストレスを感じない機能性の高さとファッション性を強調した。そこで、雨の中のフェスやアウトドアなど、使い方が広がった。

 18年から展開する「ワークマンプラス」は、ワークマンの売り場に並ぶ約1700種の商品群から、アウトドア&スポーツ系のアイテムを一般に向けたショップ。「100%同じ製品」(同)だ。

 商品がぎっしりと並ぶ従来店に対し、ワークマンプラスではマネキンのディスプレイを導入し、商品に手が届きやすい低めの陳列棚や、女性にも親しみやすいカジュアルなポップなどを導入している。機能性と低価格にかわいさをプラスして着こなす“ワークマン女子”が増殖中である。(村上信夫)

関連ニュース