記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】私が今の予算委員会で質問したいこと 景気の先行き、ワタミも危機感で経営 (1/2ページ)

 国の予算、未来を決める来年度の予算委員会。本来「ANAホテルの明細書」や、高級官僚の「コネクティングルーム」の話をする場ではないと思う。2019年10~12月期のGDP(国内総生産)が5四半期連続でマイナス成長だったが、新型肺炎の国内の感染拡大もある中、経済に対してもっと「危機感」を持つべきだ。

 安倍晋三首相は先月20日の施政方針演説で、「来年度予算の税収は過去最高となりました。公債発行は8年連続での減額であります」「引き続き、2025年度のプライマリーバランス(PB)黒字化を目指します」と話した。

 最大の問題は「2025年PB黒字化」という発言だ。内閣府が今年1月に経済財政諮問会議に提出した試算では、「成長実現ケース」の場合ですらPB黒字化は27年度になっている。国債の規模にもふれておらず、国庫に入るか未定の税収を「入りました」と過去形で述べていることも問題に思う。

 私が、予算委員会に立つならば、この「3つの問題」を指摘し、日銀の出口戦略を問いたい。

 1989年末からの「失われた30年」で米株価は10倍になったといわれるが、日経平均は落ちている。感染拡大を受け、インバウンド(訪日外国人)や中国の生産拠点が停滞し、物流インフラ自体が影響を受けている。コロナウイルスの終息が不透明で、景気に与える最大のイベント、東京五輪・パラリンピックにも不安要素を抱える。

 さらに、米・イラン関係も緊張状況にある。これだけ「経済の不安要素」がある中での予算委員会だ。日本の財政破綻のトリガーになりかねない事態に、政府や政治家は、あらゆる最悪のシミュレーションを織り込み、話し合うべきだ。

関連ニュース