記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】「Fukushima50」に学ぶこと 臨時休校ワタミ50万食支援 (1/2ページ)

 政府の臨時休校要請を受けて、「ワタミの宅食」では昼食に困る子供たちに、栄養バランスに配慮したお弁当を商品無料で自宅まで届ける緊急支援策を決定した。400万件をこえる問い合わせがあり、50万食のお届けを昨日(9日)から開始した。

 赤字だが、生活インフラ企業として上限いっぱい引き受ける決断をした。工場の生産体制を引き上げ、全国500営業所を動かすには、的確な指示が必要だ。現場の声を聞き、決断や指示を出し、事業責任者に「あとはおまえに任す」と、繰り返す毎日だ。

 明日で東日本大震災から丸9年を迎える。「3・11」以降、福島第1原発に最後まで残った50人の作業員を描いた、映画「Fukushima50」を先月ひと足先に鑑賞した。当時の日本は、経験や政策力でなく、それまでの自民党や官僚への不満で、国民が「大衆迎合」で選んでしまった民主党政権であった。原発事故の国家危機の最中、映画の中で描かれていた総理は、常にイライラし、まわりを怒鳴り散らし、原発や東電に乗り込んでいた。指揮命令系統の混乱やリーダーが冷静でなかった。ただリーダー(政権)を選んだのは国民だ。

 経営者目線の組織論として「現場から離れている人間が判断してはダメだ」という一言に尽きる。いかに現場に任せるかが重要だ。さらに、東京電力の本店は、現場よりも官邸の顔色ばかりをうかがい、危機を乗り越えるという本来の目的から外れていた。

 映画の中では、渡辺謙さん演じる福島第一原発の吉田昌郎所長の役が一番ポイントだ。吉田所長が、事故以上に戦ったのは東電本店や官邸だったようにみえる。

関連ニュース