記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】在宅勤務、災害対策…数百円の投資で世界が変わる! パソコンとテレビを接続する「HDMI」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染抑止対策による社会活動の自粛で、世の中全般が沈み込んでいる。だが、その状況がいろいろな事実をあからさまにしている。ここはひとつ、前向きに状況をとらえ、むしろ利用してやるくらいの気概で取り組んだ方がトクというものだ。

 まず、非常事態には社会全体がオンライン頼みになることが明確になった。となると、通勤通学をして、特定の場所に人が集まるのではなく、それぞれが自分の場所で仕事をしなければならない。

 従来、高齢化社会においては親の介護や子育てのために、郊外のサテライトオフィスや在宅勤務などの実現が求められてきた。理屈としてはわかっていても、どうしても実感としてとらえるのは難しかった。だが、今回のウイルス問題で、それを早急に解決するべく準備をしておかないと大変なことになるという事実が現実問題としてあぶり出されたのだ。

 パソコンやスマホさえあれば、たいていのことはなんとかなる。確かにそれは事実だ。高齢者はまだまだ働き続けるだろうが、会社に来なくていいから在宅で仕事だけしてほしいという勤務形態が当たり前になる可能性は高い。若者だって同様だ。

 そんな世の中の到来に向けて、ITの世界は着々と準備を進めている。働き方改革はもはや人ごとではなくなるということを現実として受け止めてほしい。

関連ニュース