記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】助成金申請の基本知識 原則後払い、ある程度の資金準備は必要 (1/2ページ)

 年度も改まり、新たに公的な助成金の募集がいろいろスタートする。定年起業を考える読者にとって、助成金は大きな助けになるはずだ。その申請について基本的な知識を整理しておきたい。まず、助成金とは国や地方自治体などから交付される原則返済する義務のないお金のことだ。

 助成金にも2種類あり、1つは資格要件を満たしている場合、原則受給されるもの。もう1つは、予算と採択予定件数が決まっており、審査があって申請しても受給できるとはかぎらないもの。起業・創業関連の助成金は後者が多い。

 助成金制度には「目的」と「申請要件」が定められている。目的は、商店街で開業するとか商品開発を行うなどのこと。申請要件とは、起業予定者であるとか、どこそこの地域で開業する中小企業であるとかの条件を満たしているかどうかということだ。

 申請して無事採択されれば、交付決定日から一定期間に支払った費用の2分の1または3分の2などが助成される。たとえば2分の1助成とすると200万円の費用が認められた場合100万円が助成される。上限額は定められているが、何かと物入りな起業時に助成金の存在はありがたい。

関連ニュース