記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】7割が最悪「倒産」これが経営者の生の声!! 「強気」と「勇気」と「3年後のストーリー」 (1/2ページ)

 緊急事態宣言が出されて2週間。「経営者の生の声」は衝撃だった。「最悪のシナリオ」として、飲食店経営者の75・9%が、このままでは「倒産・清算」だとSOSを出している。

 約350人いる「渡邉美樹実践経営塾」(渡美塾)の経営者と、約100名いるワタミの「フランチャイズオーナー」に緊急アンケートを実施した。黒字経営が大半を占めていた、渡美塾のアンケート回答者の40・4%が、「売上70%以上減」と回答している。「資金繰りはあと何カ月大丈夫か」との質問には、「3カ月以内」が29・8%、「6カ月以内」が23・4%と、「半年後」には、中小企業の半分に、大きな山が来ると推測され、これは「戦争中レベル」の非常事態だといえる。

 金融機関に相談に行った6割が「真摯(しんし)に政府の方針通りに相談が乗ってくれた」と回答したが、4割は「そうでなかった」と不満もみられる。無利子・無担保で万全の資金繰りを期すると政府は言うが、実際は「金利」を求められるケースや、万全に程遠い「額」だったり、融資の面談や判断を「待たされている」というアンケート結果が並ぶ。

 いずれにせよ、経営者の「気」が試される場面だ。それは「強気」であり「勇気」である。絶対に会社を潰さないという「強気」これは大事だ。しかし、2週間がたち、わかってきたこともある。居酒屋の場合、東京都では午後8時までの営業時間の短縮が要請されている。急場の取り組みで、ランチや宅配を始めても、たいした「利益」にはつながらない。やはり家賃と人件費が圧倒的に大きい。固定費をカバーするほどは見込めない、これは外食経営者として断言する。

関連ニュース