記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】コロナの影響で採用内定が取り消された… 解雇権濫用の可能性がある (2/2ページ)

 なお、新卒者の採用内定取り消しも社会問題になっていますが、厚労省の「新規学校卒業者の採用に関する指針」により、「採用内定を取り消さない」「採用内定取り消しを防止するため、最大限の経営努力を行う等あらゆる手段を講ずる」「採用内定取り消しの対象となった学生・生徒の就職先の確保について最大限の努力を行う」「学生・生徒からの補償等の要求には誠意を持って対応する」などが事業主に求められています。

 また、新型コロナウイルスの影響で採用内定取り消しがされないよう、事業主を支援するために雇用調整助成金の特例が設けられるといった対策も実施されています。

 内定取り消しの通知がされた場合はすぐに承諾せず、転職者の方はハローワークへ、新卒者の方は学校も含めて相談することをご検討ください。

 「連合なんでも労働相談ダイヤル」(フリーダイヤル0120・154・052)では、労働問題のほか、労働組合づくりの相談などにも対応しています。職場での悩みや疑問がありましたら、気軽にお電話ください。(連合企画局・関根新太郎)

 サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

関連ニュース