記事詳細

【大前研一 大前研一のニュース時評】コロナ禍の“勝ち組”「ネットフリックス」 外出自粛にオンライン動画など「巣ごもり需要」高まる (1/2ページ)

 米国の動画配信大手「ネットフリックス」は先月21日、世界の有料契約者数が3月末時点で1億8286万人となり、昨年12月末時点から1577万人(9%)増えたと発表した。市場予想の約2倍程度伸びたという。

 地域別では欧州が440万人増と最も大きく伸びた。アジア・太平洋は360万人増、中南米は290万人増、北米は231万人増。すべての地域で増加数が伸びた。

 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大し、外出自粛が続く中、自宅でオンライン動画を鑑賞する「巣ごもり需要」が高まったことが要因。

 2020年1~3月期決算も増収増益。売上高は前年同期比28%増の57億6769万ドル(約6200億円)、純利益が2・1倍の7億906万ドル(約756億円)。投資家から新型コロナ禍の勝ち組の1つとみられている。

 今後も、映画館が閉鎖されていることで、配給会社がネットフリックスでの配信を決める例も出ている。ただ、自社の手掛ける映画の撮影が中断するなど、新作の配信に関しては不安もある。4~6月の加入者の伸びは750万人と予想しているが、外出制限が解除されれば、成長は鈍化すると見込んでいる。

 動画配信市場は、ネットフリックス、ウォルト・ディズニー傘下の「ディズニー+(プラス)」、アマゾン・ドット・コムの「プライムビデオ」などの競合サービスが入り乱れ、激戦となっている。5月には通信大手AT&T傘下のワーナーメディアが、アップル端末で視聴できる「HBOマックス」の配信を開始する。

関連ニュース