記事詳細

【こんな時代のヒット力】在宅勤務の“上級クラス”から極意を学ぶ ポプラ社「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスで大きく変わる、我々の生活。そんな中で、注目されているのがフィンランド。コロナ発生前から「在宅勤務が3割」。仕事より家族。外飲みはほとんどなく、平日夜も週末も家族と一緒に過ごしている。

 2020年1月に刊行された『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ社、東京都千代田区)=写真=は、こうしたフィンランド人の働き方、ライフスタイルを紹介し、図らずもコロナに対応するライフスタイルのヒントとして好評である。

 著者の堀内都喜子(ときこ)さんは、学生時代にフィンランドの大学に留学。現在は、フィンランド大使館の広報を務めている。

 一般的にフィンランドのデザインや建築は、「シンプルで機能的」と表現される。それはフィンランド人の暮らし方や働き方にも共通すると、本書は紹介する。

 通勤時間は20分。首都ヘルシンキや近郊であれば地下鉄や路面電車などの公共交通機関がある。運動のため徒歩や自転車の人もいるが、冬が長く、そのうえ寒いので、ほとんどの人は車で通勤する。

 会社に定時や朝礼はないので、思い思いの時間に出社。ランチをササッと食べ、午後4時には帰宅。その後は、家で趣味やスポーツ、家族と過ごし、夜はたっぷり眠る。平均睡眠時間は7時間半以上という。

 なぜそれが可能なのかといえば、働き方のシンプルさにある。日本人は関係作りを重視して1回目は顔合わせ、その後何度も顔を合わせるということが多いが、フィンランド人にはあいさつだけの面談は不要。「1度、会ったら、その後はメールや電話でいいです、ということになる」(本著75ページ)。会うと時間が取られてしまうからだ。

関連ニュース