記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】消毒は手が荒れるけど… 保湿も一緒にできる優れモノ発見 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス予防策にマスクをして、外食時に手を拭くための除菌ウエットティッシュ持参して出かけている。週末は東京の街歩きをしているが連休明けに上野広小路に行ったら、松坂屋上野店が食品売り場だけ営業再開をしていた。

 距離を空けた行列に加わり、アルコール消毒液を手に噴霧されてからサーモグラフィーでの検温異常無しで、マスクをつけ店内に。その後近くのユニクロ御徒町店に行ったら同じだったが、検温は額に当てられるもので、サーモグラフィーとどちらが正確なのだろうと思った。

 店での厳重なチェックは、もしも感染者が出たら営業休止や清掃などが生じるからだろう。テレワークの息抜きにと奥さんから買い物を頼まれ、スーパーでこういうことを体感した諸兄も多いだろう。

 仕事柄1日に何カ所も出入りすることが多いが、すべてでアルコール消毒液を噴霧され、ひんぱんに行う手洗いとで手がカサカサになり荒れてしまった。そこで手の手入れに良いものがないかと探していたら、新製品に出合った。

 青森市に本社があるBlue ink(ブルーインク、www.artq.jp)は、抗菌・感染対策サポートの“PREVENTION”シリーズを製造販売している。その新製品が感染予防対策と手肌に潤いを与える保湿力を併せ持つ「ARTQ (アロマティーク)ハンドジェル P」である。

 何回もの消毒や手洗いで皮脂が洗い流され、肌内部の水分や保湿成分も流出しやすくなっている。結果として肌の乾燥が進んだり細菌による炎症が起こりやすくなる。

関連ニュース