記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】国や自治体から補助金を獲得するポイント まずは趣旨、背景をしっかり理解すること (2/2ページ)

 「平易な文章で、内容を伝えることも大事です。そして、自分の申請が助成金の趣旨にいかにふさわしく、社会性があるかを強調することです」

 権威のあるモノやコトはフルに使うことだと言う。

 「海外の人に日本人の謙譲の美徳はもったいないといわれたことがあります。中国人やアメリカ人のようにアピールできるものはどんどん使うべきだと私も考えを切り替えました」 

 次回はインキュベーションセンターの活用法について聞く。(取材・構成 藤木俊明)

 ■夕刊フジ経由で入会→レンタル料1カ月分無料

 【夕刊フジ定年起業応援サロン】

銀座セカンドライフのレンタルオフィス「銀座アントレサロン5号店」(中央区築地4の7の3 築地ファーストビル6階)内に開設。本店登記や郵便・電話対応、OA機器の利用が可能で、会員は首都圏13カ所の他のサロンも自由に利用できる。夕刊フジ経由で入会すると、フリーデスクプラン(月額9505円)が1カ月無料。問い合わせはkigyo@fujinews.comまたは銀座セカンドライフ0120・08・4105。

 【銀座セカンドライフ】定年前後の起業サポートのほか、セミナー・交流会の開催、レンタルオフィスの運営も行う。片桐実央代表は起業コンサルタント、行政書士、FPとしてテレビ出演も多い。近著は『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)。

関連ニュース