記事詳細

【トラトラ株】家庭で手軽に焼きたて食パン!サブスク開始「cotta」 ネットでの誹謗中傷対策「アディッシュ」 深紫外線LEDでコロナ不活化「日機装」 (1/2ページ)

 日米株式市場が非常に強い動きを続けている。27日のNYダウは、前日比553・16ドル高の2万5548・27ドルと、3月6日以来ほぼ2カ月半ぶりの高値で取引を終えた。この日は、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長が、新型コロナの感染の第2波を避けられる可能性を指摘したと伝わった。これを受け市場では、金融株を中心に景気敏感株が買われた。

 一方、日本株も好調だ。27日の日経平均は3日続伸し、前日比148・06円高の2万1419・23円と2月27日以来3カ月ぶりの高値で取引を終えた。政府が25日に緊急事態宣言を全国で解除したことや、政府が27日夕の臨時閣議で2020年度第2次補正予算案を決定することへ期待で株が買われた。このように投資環境が良好であるため、積極的に市場参加したい。

 まず、cotta(3359)は、パン作りニーズの拡大を受け、家庭で焼きたての本格食パンを手軽に作れるように、材料が定期的に届く同社初のサブスクリプションサーピス「コッタベーカリー」をスタートすることを、22日発表した。これが注目ポイント。

 なお、「cotta(コッタ)」と「cotta business(コッタビジネス)」における、今年4月の新規注文件数が約2・3万件となり、前年比約7倍となった。また、未購入者も含まれる新規会員登録件数は前年比25倍に当たる約11万件となった。

関連ニュース