記事詳細

【ネット騒然銘柄】6712億円の巨額赤字計上で…日産株急落

 分子診断の自動化装置を開発するプレシジョン・システム・サイエンス(7707)は5月29日、ウイルスのPCR全自動検査装置の保険適用を厚生労働省に申請した。同日に発表した第3四半期決算では前年同期よりも赤字幅が拡大したが、株価はその申請を材料にストップ高した。

 大手株系掲示板では「売り煽りのおかげで安値で買えたわ」「こんな株を持ち越すなんて地獄を見るぞ」など買い派、売り派が真っ向から激突。株価は完全に需給のみで動いているため、株価がどちらに動くかわからない不安をぶつけているのだろう。

 29日は、前日に6712億円の最終赤字を発表した日産自動車(7201)の株価が10%以上の急落となった。同時に構造改革も打ち出したが、株価を押し上げることはできなかったようだ。「ゴーンの呪いだ」との書き込みを見かけたが、前会長のカルロス・ゴーン容疑者が生産設備を拡大させた結果、赤字額が膨らんだとの見方は確かにある。一時は業界でも評価されていたゴーン容疑者の手腕。盛者必衰といったところか。(新井奈央)

 【2020年6月2日発行紙面から】

関連ニュース