記事詳細

なぜ5G対応のiPhoneはまだ登場しないのか? カギを握るモデムチップの存在 (4/4ページ)

 ◆2020年に5G対応iPhoneは登場するのか

 そうした経緯からまだ5Gに対応していないと考えられるiPhoneなのだが、では一体いつ5G対応iPhoneが登場するのかと考えた場合、やはり2020年のフラグシップモデルでの対応が有力なのではないだろうか。

 理由は、他の主要メーカーがほぼ5Gスマートフォンを投入しているためだ。2020年は日本以外にも、フランスやカナダ、台湾など幾つかの国と地域で5Gの商用サービスが開始、あるいは開始が予定されており、先行する国々も含めれば、Appleが得意とする主要な先進国は、ほぼ何らかの形で5Gのサービスが始まることとなる。

 それだけに、これ以上5Gへの対応が遅れれば、iPhoneのシェア低下につながってくる恐れがある。犬猿の仲だったQualcommと和解するという大きな判断を下したことを考えれば、やはり2020年には5G対応iPhoneが投入されるとみるのが自然だろう。

 例年通りであればAppleは9月にiPhoneの新機種を投入していることから、5G対応iPhoneの発表もそのタイミングになると考えられる。ただ新型コロナウイルスの影響で製造業は小さからず大きな影響を受けているだけに、発表・発売のタイミングがずれ込む可能性は十分あり得る。

 一方、Appleが自ら開発した5Gモデムチップを搭載したiPhoneが登場するのは、より先のこととなるだろう。Intelが開発に手間取ったことを考えれば、順調に開発が進んだとしてもiPhoneへの実装までには数年はかかると考えられるが、Appleが5Gモデムチップを自社開発できるようになれば、他社の動向に振り回されることもなくなるだけに、その開発動向は、スマートフォンの競争動向を見据える上でも、重要なポイントになるといえそうだ。

ITmedia Mobile

関連ニュース