記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】定年起業に挑戦する人は「ITスキル」を絶対身につけて! 固定費を抑えるにはレンタルオフィスの活用を (1/2ページ)

 新型コロナウイルスはわが国の経済状況に大きな爪痕を残した。むろんまだ終息したわけではなく、第二波が起これば、また経済活動が収縮する可能性もある。コロナと付き合いながら生活していくしかない。

 この時期に起業を検討している人たちにも影響はあるのだろうか? シニア起業の専門家であり、毎日のようにシニア世代から起業相談を受けている銀座セカンドライフ株式会社代表取締役片桐実央さんにお話を聞いた。

 「コロナの影響で創業時期を先延ばししたり、海外進出計画を断念したりする方もいます。でも相談者が減っているという実感はありません」(片桐さん)そんな定年起業に挑戦する人が、コロナ後の時代に身につけておくべきスキルは何だろうか?「何と言ってもITスキルです。メールはもちろん、今後は動画制作やオンラインでの打ち合わせなどに、一定のITスキルは必須です」

 IT機器などへの投資もある程度必要で、IT導入補助金も検討すべきとのことだ。給付金や補助金についてはよく研究しておきたい。片桐さんはスタートアップ企業支援一時金(横浜市)、小規模事業者臨時給付金(川崎市)など小規模事業者を支援する制度があると続けた。

関連ニュース