記事詳細

【今日から始める10万円株】今後の働き方はガラリと変化…テレワーク関連企業に注目! 「ハイパー」「ワイヤレスゲート」など (1/2ページ)

 米国の一部の州で新型コロナウイルスの感染者数が急増している。日本でも東京都で15日の感染者数が47人と高水準になるなど、世界的な感染第2波が心配されている。

 週明け15日の日本株市場は引けにかけて“売り一色”となり、日経平均は774円安の2万1530円で取引を終了。しかし翌日(16日)には大きく上昇し、再び2万2000円台に乗せてきた。

 さて、最近では緊急事態宣言以降、テレワークを取り入れる会社が急増している。東京都が実施した4月の調査によると、300人以上の企業の導入率は76・2%にも上るという。テレワークにはさまざまなメリットがあり、今後も働き方改革の一環として、これを推進する会社が増えるはずだ。

 今週の10万円株はそんなテレワーク関連の銘柄をピックアップした。

 東証1部の「ハイパー」(3054)は法人向けのパソコン販売が主力。新型コロナの感染拡大以降、全国的にパソコンの売り上げが急増しているとの報道もあり、同社もその恩恵を受けそうだ。PER(株価収益率)は15倍台と割安なうえ、配当もしっかりと行っている。株価(15日)は553円と5万円台で投資可能。5月以降、おおむね550円から600円での横ばいが継続しており、上放れのパワーをためている状態だ。

関連ニュース