記事詳細

東証大幅続落274円安 コロナ不安、円安進行が下支え

 25日の東京株式市場は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が経済に深刻な打撃を及ぼすと不安視され、日経平均株価(225種)は大幅続落した。終値は前日比274円53銭安の2万2259円79銭で、前週初めの15日以来の安値を付けた。円安ドル高の進行は日本株の下支え要因となった。

 東証株価指数(TOPIX)は18.65ポイント安の1561.85。出来高は約13億500万株。

 日本政府の緊急事態宣言の全面解除から1カ月がたち、一時は沈静化の兆しがあった新規感染確認者数が最近は連日で高い水準となり、景気低迷の長期化が懸念された。