記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】コロナ後に向けた「オンライン起業」支援スタート! (1/2ページ)

 数多くの事業を育成してきた株式会社ガイアックス(東京都千代田区)は、ウィズ・コロナ時代に向けて完全オンラインの起業支援システムを発表した。初面談から事業開発、実証実験、事業への投資まですべてオンラインで行う。

 ガイアックススタートアップスタジオ事業本部長佐々木喜徳(よしのり)さん(38)は、コロナ禍の中、日々の起業支援をすべてオンラインで行わざるを得なくなったことがきっかけだと言う。

 「コロナの脅威によってさまざまな業種の仕事や人の生活にたくさんの課題が発生しました。しかし、課題が多いということは、起業志望者にとってはチャンスだと考えたのです」(佐々木さん)

 対面で行う起業支援に比べ、接触機会がほとんどないことはもちろん、地域・場所の制約と移動コストが限りなくゼロになる。地方在住のプロフェッショナル人材や海外人材にも起業支援がしやすくなると佐々木さんは続ける。ただし、場所やモノ自体が事業価値の場合では本質的な事業支援を行いづらいとのことだ。

 ガイアックスはコロナ禍以前からテレワークを積極的に取り入れてきた。そのノウハウが今回生きていると話す。

 ガイアックスのホームページ「オンライン起業相談」から申し込むことになるが、事業アイデアの説明資料があるとさらによい。

 地方在住で就業中の起業志望者などは相談しやすいだろう。

 「アイデアレベルでも安心してご相談ください。起業相談もその後の支援についても、起業家候補の個人に金銭を要求することはありません」

関連ニュース