記事詳細

【トップ直撃】“進化版”電話コミュニケーションで狙う巨大マーケット! 高齢者や“IT難民”相手でもスムーズにオンライン営業 ベルフェイス・中島一明代表取締役 (1/4ページ)

 商談、会議から飲み会まで、急速に普及するビデオ会議システム。多くのサービスが乱立するなか、電話を使ったオンラインでの商談で急成長している。「電話と同等の手軽さで、対面以上のコミュニケーション」という独自のコンセプトで、誰にでもつながる仕組みを構築した。起業家を目指して15歳で世界を放浪した創業者が狙うのは、巨大IT企業も手の届かない市場だ。 (中田達也)

 --サービスの特徴は

 「ベルフェイスがいちばん特徴的なのは、電話を使っていることです。電話を使ったオンライン商談システムというのがキーワードです」

 --どのような方法で接続するのですか

 「電話をかけた状態で、お客さまの目の前にあるパソコンやタブレット、スマートフォンの場合はスピーカー通話の状態にしてベルフェイスのサイトを検索してもらいます。そこで『接続ナンバーを発行』というボタンをクリックすると4ケタの番号が表示され、それを営業マンに口頭で伝えるだけで映像がつながります。顔を見ながら会話できたり、クラウドに保存されているプレゼンテーションの資料を呼び出すこともできます」

 --電話を使うメリットは

 「電話は手軽で音声が安定していて、どんな相手にもスムーズにつながります。ベルフェイスはアプリのインストールも不要で、どんなブラウザでも古いバージョンでも使えます。個人や美容院、飲食店向けなど誰が相手でも電話の延長線上で簡単に短時間で営業できます。電話コミュニケーションの進化版というスタンスです」

関連ニュース