記事詳細

【今日から始める10万円株】証券会社のレーティングと目標株価引き上げに着目 「ルネサスエレクトロニクス」「ワコム」など (2/2ページ)

 同様に、複数証券が目標株価を引き上げているのがベアリング大手の「日本精工」(6471)。業績の早期回復への期待感が高まっているもよう。8万円強で購入可能だ。

 ほかには石油元売りトップの「ENEOSホールディングス」(5020)=購入単価3万8800円、ペンタブレット最大手の「ワコム」(6727)=同5万5300円=も証券会社2社が目標株価を引き上げている。

 レーティングや目標株価は絶対的な指標ではないが、顧客に説明できる明確な根拠に裏付けされているものなので、参考になるのは間違いないだろう。 (吉田礼音)

 【2020年7月8日発行紙面から】

関連ニュース