記事詳細

【今日から始める10万円株】政府推進「マイナンバーカード」のテーマ株 「フライトホールディングス」「ITbookホールディングス」など (1/2ページ)

 一律10万円の定額給付金のネットでの申請や、この9月からスタートする「マイナポイント」の申請に必要となるマイナンバーカード。一向に浸透しないこのカードに政府はさまざまな施策で普及を促している。

 マイナポイントは、マイナンバーカードを使った政府のポイント還元策。今年9月から来年3月の期間中にキャッシュレスで2万円のチャージもしくは買い物をすると、1人当たり上限5000円分(付与率25%)のポイントがもらえるというものだ。

 これにとどまらず、政府は今後もマイナンバーカードの普及に力を注いでくるはずだ。今週の10万円株は、この関連銘柄をご紹介しよう。

 東証2部の「フライトホールディングス」(3753)は、ITコンサルティングに加え、スマホやタブレットの電子決済ソリューションを手掛けている。6月23日には、子会社がマイナンバーカードの読み取りに対応した新次世代マルチ決済装置の販売開始を発表。これを受けて株価はストップ高まで急伸、一時は1000円の大台に乗せた。

関連ニュース