記事詳細

【一生働く!】就労編・働くシニアの環境(3) 未経験からFCオーナー、安定した収入…60・70代での活躍も多数 (2/2ページ)

 事業者向けの日常清掃に特化した同事業は、顧客開拓などの営業活動は全て本部が代行。紹介する顧客は年間契約が前提なため、FCオーナーは高品質な清掃サービスを提供することだけに専念できるという。それらの点が安心・安定感につながり清掃業FCビジネスの中でも高く評価されている。

 「新規FCオーナーは50代が多いですが、脱退する方は少なく定年もないので、60・70代で活躍している方が多数おられます。日常清掃が中心なので、シニアの方でも体に無理なく安定した収入が得られます」と同社の黒川直紀氏(47)は話す。

 清掃先は一人で清掃可能な物件のみのため、単独開業が可能であり、自身のやる気や都合に応じて売り上げ保障プランも選択可能だという。シニアでもチャレンジできる舞台が用意されている。(「オレンジ世代」取材班)

関連ニュース