記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】「病院経営の危機」に思うこと 国民が幸せになる「改革案」を提言 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの影響で病院経営が危機に陥っている。日本経済新聞のコラムでも今年4月の平均外来患者数が前年同月比の2割減、赤字の病院の割合が45%から67%に増えたと伝えている。

 私も2007年から13年まで、経営危機にあった岸和田盈進(えいしん)会病院(大阪府岸和田市)の理事長に就き、再建に携わった。

 病院経営で大きいのは、医療の価格は国が決める公定価格であることだ。ビジネスにおいて値付けは最も重要だ。商品の付加価値を高め、どう値付けするかで戦略が完成する。価格が既定ならば、もはや半分は経営ではない。病院は半官半民に近いため、危機の際は国が企業以上に支援すべきだが、根本的な誤りは病院自体の「経営」の欠如にあると考える。

 医師法によれば、医療法人の理事長は原則、医師か歯科医師でなければならない。ただし、厚労相の認可を受けたものは、それ以外の理事からも選出できる。私もオーナーであるのに、理事として数年間携わった後、ようやく理事長に就任できた、おかしな仕組みだ。

 病院が倒産したら、そもそも命が守れない。名医ほど、最先端医療を望み設備を積極導入し、過大投資でバランスシートの崩れを起こすことも多い。

関連ニュース