記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】規則違反のマイカー通勤で事故…労災になる? (1/2ページ)

 【Q】 通勤電車での新型コロナウイルスの感染が怖く、時差出勤ができない日は会社に黙って禁止されているマイカー通勤をしていました。しかし先日、帰宅途中に事故を起こし、ケガをしてしまいました。会社には通勤中の事故として報告していないのですが、規則違反をしていても通勤災害として認められますか。(20代・男性)

 【A】 労働災害補償保険法では、労働者の通勤による負傷、疾病、障がい、死亡などに関して「通勤災害」として保険給付を行うと定められています。

 ここでいう「通勤」とは、(1)住居と就業の場所との間の往復(2)就業の場所から他の就業の場所への移動(3)単身赴任先と単身赴任元の自宅間の移動などを指しています。

 また、通勤災害として認められるには、移動が「合理的な経路および方法」で行われている必要があります。

 「合理的な経路」とは、通勤のために通常利用する経路であれば、それが複数あっても、いずれも合理的な経路となります。当日の交通事情や列車の運行状況により迂回(うかい)する経路も合理的なものですが、特段の理由なく著しい遠回りをすることは、合理的とは言えません。

関連ニュース