記事詳細

【トップ直撃】経営効率化の動画革命! 「スシロー」改革した凄腕コンサルタントが起業 ClipLine・高橋勇人社長 (1/5ページ)

 大きな組織やチェーン店では、トップからの情報伝達や現場からの報告が正確に伝わらない「伝言ゲーム」になりがちだ。回転寿司チェーン「スシロー」の改革を手掛けた凄腕コンサルタントが起業した会社では、短時間の動画(Clip=クリップ)を活用した技術習得支援プラットフォームを提供する。組織運営の効率化は業績向上や離職率低下にもつながるとして牛丼の「吉野家」など全国規模のチェーン店にも導入され、重要なインフラに成長しつつある。 (海野慎介)

 --多店舗ビジネスを展開する企業が主要な顧客ですね

 「ほとんどの企業がピラミッド構造で、上から下への情報伝達や、下から上への報告が伝言ゲームになっていますが、如実なのがチェーン店です。本部が発信する情報が営業本部長、中間管理層のスーパーバイザー、店長からパートやアルバイトへ、現場の報告はその逆に上がります。お客さんと接する95%のパート・アルバイトがサービスの品質を決めているのに、組織構造が分断されていてはよくならないと考えて作ったのが『ClipLine』です」

 --短時間の動画を活用するメリットは

 「パート・アルバイトは身体動作を伴う作業をしています。『おじぎの角度30度』『早口禁止』など文字や数字で表現するよりも映像の方が理解が早い。逆もしかりで、現場の整理整頓などの状況は見れば一瞬でわかるんですよ」

関連ニュース