記事詳細

【今日から始める10万円株】業績に裏付け、コロナ禍での「勝ち組」銘柄を狙う 「ヒューリック」「カナミックネットワーク」「パルマ」 (1/2ページ)

 7日に第1四半期決算のピークを迎えた株式市場。SMBC日興証券の集計によると、6日までに東証1部上場の約65%(金融を除く)に当たる873社が決算を発表、うち275社が最終赤字に転落したという。

 今のところ、株式市場は行き場のない投資マネーが流入していることもあって比較的底堅い動きを示しているが、ここからは業績に安心感のある銘柄が物色されることになりそうだ。

 今週の10万円株は、コロナ禍でも業績を伸ばしている「勝ち組」銘柄を紹介したい。

 東証1部の「ヒューリック」(3003)は、都心にオフィスビルや賃貸マンションを展開する不動産大手。7月29日に発表した2020年12月期の中間決算では、営業利益が前年度期比で約20%増を達成、通期では過去最高となる1000億円を達成する計画だ。

 にもかかわらず、株価の動きはいまひとつ。年初来安値は3月15日につけた858円だが、8月7日現在918円と、再び安値水準に接近している。年初来高値は2月の1389円。業績も好調で実力的には1000円台の銘柄。このあたりが仕込み時か。

関連ニュース