記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】スマホ用の静電容量方式タッチペン ATMなどスクリーン操作時に安心感 (2/2ページ)

 ペンの先がゴムや導電体になっていて、普通のボールペンの先などでは反応しないタッチスクリーンを正確に操作することができるものだ。スマホやタブレットの画面も同じ静電容量方式なのでペンで操作できる。手が汚れていたり濡れているときなどにスマホを操作したいような場合にも重宝する。

 こうした小物を使うことで、誰が触ったのかわからないようなタッチスクリーンを操作しなければならない場合も、少しは安心できるはずだ。もちろん自宅に戻ったら、手洗いするついでに、こうした小道具もこまめに消毒する必要がある。

 今回の新型コロナウイルス感染は、うつされないようにすると同時に、うつさないようにするという双方向の予防が必要だ。自分が無症状で気がつかなくても、感染していたら誰かにうつす可能性はあるのだから、それによって新たな感染者を増やしてしまうかもしれない。

 一人一人の努力の積み重ねで医療体制をキープできるのなら、地味なことかもしれないが努力すべきだろう。 (山田祥平)

関連ニュース